2015年11月

前回はテーブルを固定するハンドルを木板で作りました。
さらに改良しようと思って。
今回はハンマーキャスター製の直径65mmゴム車輪を買ってきた。
1個330円でした。
b25bb8fb.jpg


M10長ネジを長さ100mmに切って、これの先端に金ノコで縦溝を切って、タップもどきにします。
af47d9f7.jpg


キャスターの中心穴をφ8.5に広げてから。
タップもどきをバイスプライヤーで掴んでねじ込んで行きます。
0929ff88.jpg


ねじ込んだ後、ネジと車輪の隙間に、低粘性の瞬間接着剤を流し込みます。
M10ナットを3個付けます。
これでハンドルは完成です。
e383fc75.jpg


0ba69de4.jpg


3768169c.jpg


今までの八角形の木板よりも、この丸いゴムの方が回しやすくて良いです。
ボール盤のメーカーで初めからこれを付けて欲しいです。

改造に使った部品一覧です
図面描きは私の本業ではないので、正しい製図ルールと違っていてもつっこまないで下さい。




e7d40443.jpg


───────────




e13f02f6.png



───────────


0f1cbbcc.png


───────────



7545b981.png



───────────

6115a7a0.png




───────────

34f2871f.png


───────────

d2d11849.png



───────────


ac25e9e3.png


───────────


508a7e64.png




───────────

434e702c.png


───────────

aa054d16.png







t3.2黒皮鉄板で作ったテーブルに、金ノコで頑張って切り込みを入れました。
b5788072.jpg


M6全ネジ鉄棒で足を作りました。
efcd613d.jpg


9d9d7e38.jpg


テーブルを付けました
d91c5bbf.jpg


fb9f83a0.jpg


f05d6d6d.jpg


03d471cd.jpg




91c94e1b.jpg



e1af414e.jpg


64c5e900.jpg


さっそく適当な鉄板を切断して見た感想は
予想以上にバンドソーの回転音がうるさい。
ディスクグラインダよりは静かだけど、夜に使うと近所迷惑になりそうです。
直巻のブラシモーターをギヤで減速しているので、うるさいのは仕方ないかな。

モーターが強力な710Wなので、鉄板が楽に切れます、

インターネットを見ると、ボール盤にデジタルノギスを付けている先人が多数います。
私もそれを真似してみました。

まずはじめに、「あきばおー」というお店で、WECANというプラスチック製のデジタルノギスを買いました。
5f26bc0f.jpg


これは、ボール盤に付けるのに向いていません。
理由は、「ZEROボタン」や「HOLDボタン」を押して数値を記録したあと。
電源をいったんOFFにして再びONすると記録した数値が消えて 0 に戻ってしまいます。

しかたなく、他のデジタルノギスを買いました。
9294b0b1.jpg

これは入札前に電源をOFFしても記録した数値が消えない事を確認して、下記で買いました。
http://page24.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q91350615
値段は 本体価格780円+ゆうパケット便159円 です

ノギスの余分な部分を切り落とします
e164566f.jpg


裏面には両面テープを貼ります
4441f621.jpg


固定用金具を作ります
c1f41521.jpg


ea32136e.jpg


金具をボール盤に付けます
09334e0a.jpg


ノギスの本体表示部は両面テープとタイラップで固定
ノギスの可動部はM3ネジで固定
2e2685de.jpg



a56b15a6.jpg


3ed53724.jpg


4139267d.jpg


固定金具はt0.8の鉄板で作りました。
薄い鉄板で作った方が良いような気がします。
理由は、ノギスの固定がボール盤に対して少し斜めに付いていても、
薄い鉄板の金具がたわんで誤差を吸収してくれると思うからです。
ノギスとボール盤を完全に平行に固定するのが正しいのですが。それは難しいです。

「マキタ ポータブルバンドソー 2106」を安く買いました。
日立のポータブルバンドソーは、人気があってヤフオクで値段が上がりますが。
マキタの物は人気が無くて安く落札されています。
e450ac42.jpg


8f8ac94a.jpg


鉄用のコンター(バンドソー)は高価なので。
これに足とテーブルを付けて、コンターもどきに改造しようと考えた。

足を作る為のだいたいの構想はまとまったので。
t3×40×40の鉄アングル材と、t3.2×300×300の鉄板を島忠ホームズで買った。
素材のままでは長すぎて電車で持ち帰れないので切ってもらったら。
1切りで108円もした。
高速カッターで切っただけでバリ取りもしてないのに高いなあ、と思ったけど仕方ないか。
4248717b.jpg


今日は朝から小雨がぱらついているので、雨が本降りにならないうちに、どんどん溶接を進める。
87d31768.jpg


6a925da6.jpg



a84e9ed0.jpg


d824a076.jpg


c5ab6370.jpg


b7d61f11.jpg



7448ec18.jpg


7cb6d8b3.jpg


2313dfdd.jpg


8ff7926a.jpg


5e1e32e4.jpg


254f1ca7.jpg


次はテーブルを作る
82adba4a.jpg



33cc9565.jpg


テーブルに、バンドソー刃を通す為に、長さ200mmの切り込みを入れる必要があるけれど。
このマキタのポータブルバンドソーは、切り込み深さが120mmmまでしか切れない。という事にここで気がついた。
なんてことでしょう。
このバンドソーで120mmまで切り込んで、後の80mmは金ノコで切るか?
どうするかこれから考える。
今日の作業はここで一時中断です。

今までに使用した主な材料は
鉄アングル材 t3×W40×W40×L350 3個
鉄アングル材 t3×W40×W40×L250 2個
鉄板 t3.2×300×300 1個
この他に、ネジと木板を少し


↑このページのトップヘ